タブーを犯した女たち~鬼畜~序盤は悲劇の始まり

タブーを犯した女たち~鬼畜~

画像にタッチで無料立ち読み

タブーを犯した女たち~鬼畜~スマートフォン専用

タブーを犯した女たち~鬼畜~は、いきなり結末に近い場面を出してきて驚きます。

その勢いで序盤部分を読んでいくと、ヒロインだと思われるエリカという少女の悲劇の始まりと言える話でした。

スナックアムールに通う建設現場で働く男、西尾は33歳で既に離婚歴あり。

しかし、寝たきりの父と4人の子供を養うという大変な家族を持っていました。

父親に連行されるエリカ

スナックアムールで働く玲子という27歳の美女が、この西尾家に起こる悲劇の目撃者となるのです。

言い換えれば彼女が、タブーを犯した女たち~鬼畜~の裏ヒロインとも言えます。

西尾はある日、アムールに娘のエリカを連れてきた事が全ての始まりとなります。

この時、小学三年のエリカは、丸っこい体型でお世辞にも可愛いとは言えない見た目でした。

学校に行けないエリカ

父親の西尾の世話を焼く、しっかり者に見える少女は、学校にあまり行ってないみたいです。

その理由は、家出は弟である弘也と和也の世話を母親代わりにして、祖父の面倒も見ているのです。

だから、普通に学校へ通うなんて事は不可能な状況だったわけですね。

さらに夜には、父親が飲みに付き合わされるという悲惨な状況。

悲劇の始まり

ここまでは、エリカという少女は苦労人という言葉だけで済まされる雰囲気でした。

でも、これはタブーを犯した女たち~鬼畜~の、ほんの序章に過ぎなかったのです。

本当のエリカや、その家族達への悲劇は、これから始まります。

タブーを犯した女たち~鬼畜な連中に学校でいじめられるエリカ~

タブーを犯した女たち~鬼畜~の中盤で印象に残っているシーンは、エリカが学校でいじめられている所です。

過程の複雑な事情で、なかなか学校へ行けない上に、父親の飲みに連れ回されている所を同級生に目撃されたから余計にですね。

エリカまで酒を飲んだ事にされたり、貧乏だからというだけで犯罪者扱いされたりと、鬼畜な連中から酷いいじめが繰り返されています

それを察した学校の担任松井が、西尾家に家庭訪問にやってきます。

足し算が苦手なエリカを見た玲子

エリカの父親は、無理矢理彼をアムールに連れて行き、まさかの飲み会しながらの家庭訪問へ・・・。

結局、お互いに酒が入り、喧嘩になってぶん殴られまくる先生が、かなり可哀想でした。

アムールの玲子は、そんなエリカが心配になって、西尾宅へ手作り弁当を持って様子を見に行きます。

きつい展開のタブーを犯した女たち~鬼畜~という作品の中、この女性は本当に天使のような人ですね。

西尾家で起こる負の連鎖

西尾家に到着すると、当然のようにエリカの弟達からの手厚い歓迎を受ける玲子。

しかし、それ以上にエリカの算数のレベルが極端に低い事がわかりました。

簡単過ぎる計算すら出来なくなるくらい学校へ行けていないエリカ。

そんな彼女から心の叫びを受け取った玲子は、まだ小さい少女が母親の愛情に飢えている事に気付きます。

玲子のお弁当

とは言え、まだこの時点では、タブーを犯した女たち~鬼畜~という感じがしないんですよね。

どの辺でタブーを犯すのか、また鬼畜展開は一体どうなるのか?超気になります。

このような謎をサラッと残していくから、タブーを犯した女たち~鬼畜~には中毒性があるのかもしれませんね。

とにかくエリカは、この先どんな道を歩むのかは全ての読者が考える事だと思います。

タブーを犯した女たち~鬼畜過ぎる父親~

タブーを犯した女たち~鬼畜~の最終章と言えるのが、父親にレイプされてしまうエリカの話です。

小学校の卒業式すら行かせて貰えなかったエリカは、そのまま義務教育という事で仕方無く中学へ上がりました。

既に、この段階で、学校へは行かない方がマシな状況だっただけに、あまりにも悲惨な姿です。

当然、中学へ行ったエリカへのいじめは加速して、さらに不登校となっていくわけですね。

24歳になったエリカ

玲子は結婚する事になり、西尾家と絡む事がなくなったみたいです。

でも、その2年後、彼女は区役所に行った時、エリカと似た少女を発見します。

中2であるはずの少女が、どう見ても妊娠しているようなお腹をしていて気になるも、玲子はその場を立ち去る事となります。

ここで、もう少し2人の話があったら、未来は変わっていたかも?なんて事も考えてしまいますね。

父の子を産んだエリカ

それから10年後、再び玲子とエリカは再会します。

そこで、前歯が抜け落ちたエリカの口から、とんでもない事実が話されました。

中学二年の時、妊娠していた子供の父親は、エリカの父だったと・・・

彼女が中学に上がってすぐ、酔っていた西尾はエリカを押し倒し、そのままレイプしたのです。

これではタブーを犯した女たち~鬼畜~と言うよりは、鬼畜な男がタブーを犯したという感じですね。

驚きを隠せない玲子

その子を産んだ後もエリカは、実の父に禁断の関係を迫られ続けたのだから、メチャクチャ酷い話です。

さらに、その後、職場で知り合った男と結婚するも家庭内暴力で離婚。

そして再婚して、子供だけが増えていき貧乏は加速している様子です。

弟達はワルになり、鬼畜な父親は働かなくなってと、もう悲劇の連鎖は止まりません。

タブーを犯した女たち~鬼畜~は、このまま逆転的な話がないまま終わるだけに、現実味溢れすぎていて何とも言えない気分になりました。

タブーを犯した女たち~鬼畜~

画像タップで配信情報詳細へ

タブーを犯した女たち~鬼畜~「日常崩壊への道」